ラセック

遠視の治療にはイントラレーシック

近視で悩んでいる人は多いのですが、遠視で悩んでいる人も意外と多いといえます。
遠視とは、遠くはよく見えるけれども、近くの場所はぼやけてしまいよく見えない現象です。
近視と遠視は逆の現象ともいえますし、よく似たものかもしれません。

遠視は光の焦点が網膜上で合っておらず、網膜の後ろでピントがっていると考えてください。
遠視になると近視よりもいろいろとトラブルが起こりやすくなります。
例えば、頭痛がひどくなったり、眼精疲労も近視の場合に比べてもひどくなります。

このような遠視を矯正するのに何かいい方法はないのかといったときに、レーシックが出てきました。
レーシックは近視の視力回復には使われてきましたが、その方法を応用することで、遠視の治療にも役立てることができるようになったのです。
簡単にいうと近視の治療法を遠視の治療法に応用したわけです。

しかし、通常のレーシックでは技術的に難しいところがあったため、イントラレーシックを活用することによって確実な遠視の治療が可能になりました。
イントラレーシックでは、レーザーを使って正確にフラップを作ることができます。
そのため、遠視の治療の際にも角膜を正確にたくさん削ることができます。

強度の遠視の場合には、かなり角膜を削ることになるため、イントラレーシックの技術は、とても有効なものになりました。
また、イントラレーシック後のトラブルもあまり起こらず、理想的な遠視の治療法としてイントラレーシックが誕生してきたといえるでしょう。
レーシックの技術は日々進歩しています。
最初は近視にしか利用できなかったレーシックも、イントラレーシックといったより高度な技術を使って手術ができるようになり、遠視の治療にも効果的に使うことができるようになりました。
近視だけでなく遠視などで視力が合わずに悩んでいる人も、眼鏡やコンタクトレンズを使わずに視力を矯正できるイントラレーシックは、理想的な治療法なのです。

Copyright(C) 2013 目の為に欠かせない知識 All Rights Reserved.