ラセック

ウェーブフロントレーシックとは

レーシックをする人は、メガネやコンタクトレンズでは視力を矯正できても、日常生活では不便さを感じることがあるからだという人もいます。
レーシックで再び裸眼でものを見ることができたら、どんなにうれしいかと思っていることでしょう。
しかし、何らかの理由で通常のレーシックが受けられない人もいます。

そんなときには特殊なレーシックを受けることで、視力を回復できる可能性があります。
今回はウェーブフロントレーシックというレーシックをご紹介します。
ウェーブフロントレーシックでは、最先端の検査機器を使って、眼のゆがみを正確にデータ化したものを解析することで、眼のゆがみが激しく視力の矯正ができないような人でも、対応が可能になりました。

ウェーブフロントレーシックを行うと、詳しいデータの解析により、メガネやコンタクトでの矯正が難しい乱視などの矯正もしっかりとできるようになっています。
最新の検査機器の解析データは、少しの歪みも検知して読み取りますので、視力の矯正もブレがなくくっきりはっきりとした視界を再現できるようになっています。
ウェーブフロントレーシックでは、眼球の歪みまでも正確に表現して再現しますので、どんな人にでも対応している手術方法です。

そのため、ウェーブフロントレーシックは、不正乱視の矯正によく使われる方法です。
また、ウェーブフロントレーシックでも、弱点は存在します。
角膜のフタをフラップといいますが、フラップの形成に関しては、通常のレーシックと全く変わりません。

つまり、角膜の薄い人は、レーシックができないケースもあります。
つまり、ウェーブフロントレーシックは、検査機器を使うこと以外は、通常のレーシックとやり方は変わらないと考えてください。
加えて、ウェーブフロントレーシックは、手間が増えるため、時間もかかりますし、費用の面を心配しなければならないのです。
レーシックは、メリットやデメリットがありますが、よく医師に説明を聞いてから手術方法を選びましょう。

Copyright(C) 2013 目の為に欠かせない知識 All Rights Reserved.