ラセック

エピーレーシックとは

レーシックのことについて調べているとかレーシックの基本は知っている、という人は、そろそろレーシックをしたいと思っているかもしれません。
しかし、レーシックにもいろいろな手術方法があります。
普通のレーシックでも問題ありませんが、どんな仕事をしているかによっても、手術の方法が変わってきます。

そんな中でもエピーレーシックというものがあります。
エピーレーシックは、普通のレーシックとは少し違います。
どんな人がエピーレーシックを使うのでしょうか?例えば、ボクシングをしている人です。

ボクシングは、手にグローグを持って相手の顔や体を打ち込むスポーツです。
ですから、眼にかなりの衝撃があります。
他には極度の近視などでその矯正度合いがとても難しい場合はエピーレーシックをオススメします。

極度の近視の場合は、通常よりも多くの角膜を削り取る必要があるからです。
少し難しい表現ですが、エピーレーシックでは、角膜のフタを切り取った後に戻さずに剥がれ落ちたままにしておきます。
その後新しい角膜上皮が再生してきます。

角膜のフタが消滅してしまうので、眼に強い衝撃を受けた場合は、角膜のフタがずれるといった現象が起こらなくなります。
通常のレーシックでは、角膜のフタを元に戻すので、角膜組織がフタとなじんで修復されるまで時間がかかります。
ところがエピーレーシックではそのプロセスが無くなるので、通常のレーシックよりも視力の回復が早くなり、衝撃への安定性も高いというわけです。

ただ、エピーレーシックにも弱点はあり、痛みが強かったり、角膜混濁などの合併症を起こす可能性があります。
また、一週間ほどは眼を保護するためにコンタクトレンズを着用するなど、術後のケアも重要になります。
エピーレーシックは、少しだけデメリットがあるだけで、多くの人に利用されている手術方法です。
普通のレーシックではなくエピーレーシックを勧められた場合は、検討してみる価値は十分あります。

Copyright(C) 2013 目の為に欠かせない知識 All Rights Reserved.