ラセック

レーシック、コンタクト、メガネの特徴

レーシックを受ける前には、目が悪い人がほとんどです。
ではどんな生活をしているのかというと、コンタクトレンズやメガネをかけているはずです。
目が悪くなるのは、突然ではなく徐々に悪くなっていきます。

しかし、徐々に悪くなっていくので、突然目が悪くなったような気がするわけです。
視力の矯正にはレーシックの他には、コンタクトレンズやメガネになります。
コンタクトレンズには、ソフトやハードなどのタイプに分かれています。

コンタクトレンズは、一定期間経ったら買い替えをしたり、使い捨てタイプなら、何度も購入する必要があります。
また、洗浄液を購入して洗ったり、保存液も必要になり、経済的な面から見ると非効率的です。
また、歳をとってもずっと使い続けるのは、とても辛いかもしれません。

さらにコンタクトレンズは、落としたり無くしてしまうリスクがたくさんあります。
一方のメガネはどうでしょうか?メガネは視力を矯正する道具としては昔からよく使われてきました。
一番多くて実績のあるものでしょう。

メガネを作ろうと思ったときは、眼科に行く人と、そのままメガネ屋へ行って値段の安いメガネを作ってもらうことがあります。
しかし、眼科へは必ず行って視力検査だけでなく、眼の検査も同時に受けるようにしてください。
なぜかというと眼の病気のために視力が悪くなっていることがあるからです。

できれば、メガネ屋と眼科が一緒になったお店などがいいかもしれません。
メガネの欠点は、いつもメガネをしていないといけないことと、顔が変わってしまうことです。
メガネのある顔よりもない顔のほうが、いい顔をしているときは、コンタクトやレーシックのほうがいいでしょう。
レーシックはレーザーによって角膜を矯正しますが、多少の費用がかかるものの一度の手術だけで裸眼と同じ視界を手にすることができます。
このようにレーシック、コンタクト、メガネのどれを取るべきかは迷いますが、後々のことを考えるとレーシックが一番いいでしょう。

Copyright(C) 2013 目の為に欠かせない知識 All Rights Reserved.