ラセック

レーシックで視力回復を目指そう

レーシックといえば、もう既にメジャーな視力回復方法となりました。
メガネやコンタクトを使用している人でも、やっぱり裸眼で見る景色や日常のメンテナンスの困難さなどから、レーシックを希望している人もいます。
さらに目の病気ではないけれど、近視や乱視の度数が強い人や、左右の視力が大きく違っていて、視点を合わせるのが大変だという人などその悩みは様々です。

視力を取り戻せれば、元のようにはっきり、くっきりと目が見えてくるのにと想像してみる人もいるでしょう。
仕事上やスポーツでも眼鏡ヤコンタクトをしてはいけない場合もあります。
レーシックはそうした悩みを解決する一つの手段です。

ところが、全ての人がレーシックを受けられるかというとそうではないのです。
レーシックを受けられない人もいるので、注意が必要です。
しかし、レーシックの技術はとても向上しています。

レーシックを言葉で説明すると、角膜を薄皮一枚めくって、エキシマレーザーを照射し、角膜の内部を削ります。
そして、角膜の屈折力を変えるというものです。
レーシックはいわゆる視力回復手術のことだといっていいでしょう。

レーザーの技術で屈折力を変えることより、ぼやけていた遠くの景色にピントを合わせることができるようになるのです。
日本だけでなくアメリカでは以前から多くの人たちがレーシックを受けています。
日本でもかなり浸透してきました。

レーシックは、目の角膜を調整するので、失敗して失明しないかといった心配があります。
しかし、現在失明といった事故はありません。
レーシック中も、目薬による麻酔をかけているので、痛みもありませんし、一日ほどで元の生活も戻れます。

レーシックで視力を回復した人はたくさんいます。
レーシックによって眼鏡やコンタクトレンズを使わなくて済むようになった芸能人いるくらいです。
手軽にできるレーシックを行うことで、視界だけでなく世界が変わることもあるなら是非検討してみてください。

Copyright(C) 2013 目の為に欠かせない知識 All Rights Reserved.