ラセック

レーシックと角膜感染症

レーシックを考えている人で、そろそろどこかのクリニックや病院に決めてレーシックを受けてみたいなと思っているかもしれません。
レーシックの話を聞くととてもいいことばかりで、レーシック後はバラ色の生活が待っているのかもしれません。
しかし、少し待ってください。

レーシックも気をつけていないと、いろいろとトラブルが発生することがあります。
たいていは、大事には至らないことがほとんどですが、レーシックが万能の手術方法ではないことを、少しだけ頭に入れておくようにしてください。
レーシックで怖いのは、感染症にかかることです。

レーシックは、レーザーを使って角膜を切ったり、削ったりする細かい作業になります。
レーザーそのものは、麻酔が効いているので、痛いと感じることは少ないようです。
ところが、角膜の部分のフラップが回復するまでの間に雑菌が入り込むことにより、炎症を起こすことがあります。

これが角膜感染症と呼ばれる病気になります。
こうした角膜感染症にかかってしまうと、眼球が白濁する症状が起こります。
レーシック手術では角膜感染症が起こることはまれです。

なぜかというと、レーシック手術が行われている環境では、衛生管理がしっかりしている場所がほとんどですので、角膜に雑菌が入ることは少ないからです。
かつて日本では角膜感染症を起こした事例がありましたが、それも一人ではなく集団での感染でした。
集団での角膜感染症が起こった背景には、クリニックの管理体制のまずさや、医療器具の消毒も徹底していなかったといったある意味起こるべくして起こった事件ともいえます。

こうしたレーシックに関する感染症は、ほとんどなくなりましたが、感染症などは、特に自分のほうに問題が無くても発症することがあります。
それだけ目の部分というのは、デリケートなものだと考えてください。
だからこそ、レーシックを受けるに当たって、クリニックや病院選びも慎重に行う必要があるのです。

Copyright(C) 2013 目の為に欠かせない知識 All Rights Reserved.