ラセック

レーシックの術式について

目の病気ではなく、視力を回復させるために手術を行うことがあります。
これをレーシックと呼んでいます。
レーシックは、今まで使っていたコンタクトレンズや眼鏡などとは全く違い、根本的に視力を回復させる方法です。

そして、通常のレーシックに加えていろいろな手術方法が開発されてきました。
そうしたレーシックの種類の違いは、どのような方法でフラップを作るのかという点とレーザーを照射するかどうかという点などに違いがあります。
しかし、すべての手術方法では、結果は同じように視力を回復させることを目的としています。

いろいろな方法がありますので、一つずつ紹介していきましょう。
通常のレーシックは、エキシマレーザーを使います。
エキシマレーザーは、コンピュータ制御によるレーザー手術です。

やけどなどは全く無い安全な手術です。
アイレーシックは、最先端の技術を使ったレーシックです。
技術的に最高のものを使っているので、患者に合わせたレーザー照射により視力を回復させることができます。

イントラレーシックは、角膜の一部を切断することなくレーザーを照射しますので、ドライアイの発生を抑える効果があります。
さらにエピレーシックというものもあります。
エピレーシックは、特殊な機械を使って角膜の上層部分だけを削り、レーザーを照射してレーシックを行います。

エピレーシックは、フラップがずれることがないので、外部からの衝撃に強いとされています。
また、不正乱視の人には、通常のレーシックでは、完全に治療することができません。
そこで、ウェーブフロントレーシックというものが出てきています。

ウェーブフロントレーシックでは、強度の近視や乱視の人、角膜の薄い人でも十分に対応していますので、以前はレーシックを受けられなかった人でもウェーブフロントレーシックで視力を回復できるようになりました。
他にもいろいろな手術方法があります。
目の現状だけでなく、費用の面などを考えて医師と相談して手術方法を決めましょう。

Copyright(C) 2013 目の為に欠かせない知識 All Rights Reserved.