ラセック

レーシックを受けた人の視力

レーシックを受けた後に視力はどのくらい上がるのでしょうか?これはまだレーシックを受けたことがない人にとっては一番気になるところです。
そして、レーシックでどのくらい視力が戻るのかは、一番知りたいと思うことです。
せっかくレーシックを受けても、あまり視力が改善しなかったとなるとショックです。

また、レーシックの費用は高額です。
少なくても数十万円はしますので、費用の問題もあります。
レーシックの手術そのものは、とても簡単なもので、時間も20分から30分くらいで終わります。

終わったその日も入院することなく、自宅に帰ることができます。
こんな簡単な手術で視力が回復するのだろうか、と思うくらい簡単なものですが、手術後には徐々に視力が回復していきます。
そして、次の日にはかなりの視力回復効果が見られるようです。

具体的な視力の数字を出すと、レーシック前は0.1や0.3などの視力だったのが、レーシック後は視力が2.0になったり、1.5になったりとかなりの視力回復効果があります。
レーシックを受けたときに、一旦視力が下がる人もいますが、そのような人でも落ち着くと、1.0程度の視力に戻りますので、安心してください。
他には、両目の視力差がひどく強度の近視の人でもレーシックを行ったことで、両目とも1.5まで戻るなど成功例はたくさんあります。

レーシックは、手術そのものが可能ならば、必ずといっていいほど視力が回復します。
ごくまれに視力回復のスピードが遅かったり、レーシック後の副作用や合併症などにかかってしまい、眼の病気になってしまう人がいますが、そのような人でも時間が経てばたいていは視力が回復しています。
レーシックによって、視力回復をしたという人の話を聞くと、とても魅力的に思えますが、たいていの人はよい結果になっています。
今レーシックをしようかどうか、迷っている人は、レーシック後の新しい世界はとても素晴らしいものだと考えて、前向きに検討してみてはどうでしょうか?

Copyright(C) 2013 目の為に欠かせない知識 All Rights Reserved.