ラセック

レーシック手術とドライアイ

レーシックを行った後に心配になるのが、目の病気です。
レーシックそのものは特に問題なく終わったとしても、合併症としていろいろな病気になることがあります。
目の病気は、とても恐ろしいものです。

自分では気づかないこともあります。
レーシックについても合併症としていろいろな病気がありますが、今回はドライアイについてみていきましょう。
コンタクトレンズをしている人でドライアイになる人もいます。

レーシックによってさらにその症状がひどくなる可能性もあるようです。
レーシックの現場では、角膜の一部を切開する作業を行うことがあります。
そのときに神経も切断していることになります。

神経を切断することでドライアイがもっとひどくなることがあるのです。
ドライアイを防ぐには、レーシック後にドライアイ用の点眼液を使っての治療をすることになります。
また、もともとドライアイになりやすい体質の人もいますので、レーシックの後、一時的にドライアイにかかってしまったというケースもあります。

ドライアイの可能性については、レーシックの前にも説明があります
今までドライアイになったことない人でも実際にその症状に直面したときには、かなり戸惑うことがあります。
ドライアイで気をつけることは、見え方が悪くなってしまい視力が落ちてしまうことです。

これはドライアイによって涙液層の規則性が乱れてしまうことによります。
ドライアイの治療では涙点プラグを使った治療が行われることがありますが、これも症状がひどくなってきたときに限ります。
レーシックの後のドライアイの症状には特に気をつけておきましょう。
目がしょぼしょぼしてきたり、目が疲れて充血してきたときはすぐに医師に相談して治療をしてもらうようにしてください。
レーシックの前の事前の準備も大切ですが、レーシック中やレーシック後のアフターケアもしっかりと気を抜かないようにすれば、ドライアイも発生しにくくなります。

Copyright(C) 2013 目の為に欠かせない知識 All Rights Reserved.