ラセック

レーシック手術と白内障手術

目の病気はとても怖いものです。
目の病気の一つに白内障というものがあります。
白内障は、老化現象として考えられています。

歳を取ってくると水晶体が濁ってくることがあります。
そして、目が見えにくくなってくるというものです。
角膜の奥にある水晶体はレンズの役割を果たしていますが、角膜から入ってくる光を水晶体がさらに絞って網膜でピントを合わせています。

目が見える仕組みは今のような説明になりますが、水晶体が濁ってしまうと、もちろんレンズの役割をしている部分に光が通りにくくなるので、目が見えにくくなるということです。
白内障になる原因は目の老化なのですが、特に水晶体が加齢によって硬くなったり、その組織が濁ることによりピントを合わせにくくなるということなのです。
さて、白内障手術とレーシック手術ですが、実は両者の関係は複雑です。

白内障にかかった状態でレーシック手術をしてしまうと、白内障の手術のやり直しをしなければならないことがあります。
レーシック手術と白内障手術は全く別の手術方法を取っているからです。
一番理想的な方法は、白内障手術後にレーシック手術をすることです。

まずは白内障手術をして白内障を完治させてから、レーシック手術を受けるようにしましょう。
また、レーシック手術と白内障手術ですが、これらは別のものですので、レーシック手術と白内障を同時にすることはできませんし、白内障を治療しないままでレーシック手術を受けるのは、あまり意味のないことです。
視力を回復させるレーシック手術と白内障手術を一緒にしてはいけません。

同じクリニックや眼科であっても、レーシック手術と白内障手術を行っていることがありますが、どちらも別のものとして考えられています。
このように、レーシック手術をする前に白内障手術をしておくと、少し時間はかかりますが、はっきりとした視力がよみがえります。
再び自分の目で見える日を期待して手術に臨みましょう。

Copyright(C) 2013 目の為に欠かせない知識 All Rights Reserved.